NO RISK!

田舎で起業する

田舎でお店を起業するメリットとは

近年、田舎で起業して成功する人が増えています。
よく見られるのが、山奥や田園地帯といった辺鄙な場所にオープンしている「わざわざショプ」と呼ばれるお店です。
電車では行けそうもなく、車で人里離れた所をだいぶ走らなくてはならないような不便な場所に、ケーキ屋やパン屋、古民家カフェ、雑貨屋などが増えています。
そしてそうした「わざわざショップ」は不便な場所にあるにも関わらず、はるばる遠方から客が来て賑わっている人気店が多いのです。
田舎でこうしたお店を起業すると、周りに何もないのでそこに人が集まるというメリットがまずあるでしょう。
競争するお店が周りにないことも利点といえます。
ドライブや観光に来た人たちの休憩場所にもなりますし、こんな所にこんな店という意外性や物珍しさもあるでしょう。
こだわりのある素敵なお店であれば、一度訪れた人の口コミでどんどん広がっていくのです。
飲食店は自作した野菜や米を使っているお店も多く、材料の仕入れ費がかからないというのも田舎ならではの醍醐味でしょう。

起業を田舎で始めるメリットとは?

起業を田舎でするメリットは土地が都会に比べて安いという部分でしょう。
事務所を賃貸で借りる場合にも家賃は比較的安く借りることができますし、敷金礼金の面でも価格を抑えることができます。
さらに田舎ならではのビジネスもすることができるのです。
自然が豊かなので、農業をビジネスにしてもいいでしょう。
また、人と人とのつながりを大切にするといいのです。
田舎の自然を見ていると心も体もリラックスすることができるので、新しいビジネスアイディアや、新規事業への取り組みも浮かんでくるでしょう。
都会と比べて仕事が不足しているので、アルバイトや従業員は集まりやすいというメリットがあります。
町おこしや村おこしの場合には市役所や農協の協力も得やすくなっています。
人や経営資源が集まりやすいという面では都会よりもビジネスチャンスがあるといえるのです。
シャッター通りになっている場所で新しいビジネスを始めてみるのもいいかもしれませんね。

Favorite

Last update:2019/1/18

『起業 田舎』 最新ツイート

@kuma_aki

たしかにママ友には言ってないなー。 そもそも田舎って副業率もSNS起業もまだまだこれから。 日本のどこでも情報は見れるのに、実際行動する人が、私の身近ではあまりいない。 言わないだけかもしれないから、今度聞いてみよう!そして私も… https://t.co/rDCXVEyHCr

3時間前 - 2019年03月20日


@tetsushi_ito

超偏見だけど年収1000万円くらいで悩みもなく悠々と生きているリーマンは親が太いのでアップサイドを目指す必要なくそこそこステータスあれば十分ということなのではないだろうか。いつもキャリアに悩んでいる年収1000万円マンは地方、田舎… https://t.co/7oqFKED01i

7時間前 - 2019年03月20日


Copyright(C) 2015 NO RISK! All rights reserved.